2月24日の夕方に、NHKラジオ第一、仙台放送局発のローカルラジオ『ゴジだっちゃ!』に出演させてもらい、インフォーカスについて話をさせてもらいました。

以下、個人的な話ですが・・・、ラジオとの出会いは中一のとき、赤坂泰彦のミリオンナイツでした。その後オールナイトニッポンを毎日聴くようになり、木曜日はテレビでみなさんのおかげですを観て夜中ナイナイのオールナイトを聴くというのが、何よりの幸せ。高校生のときは、今は亡きゲームクリエイター飯野賢治のナイトワープが大好きでした。アニメはそんなに観ていなかったけど、声優の人たちのラジオも大好きで、ラジカセのアンテナを金属製の机にくっつけて、雑音交じりの文化放送をがんばって聴いてたことも。テレビドラマは観ないけど、NHKのラジオドラマ、青春アドベンチャーとFMシアターは必ず聴いていました。TBSラジオを受信するのはほんと大変で、ほとんどノイズなんだけど、でもその向こうにかすかに聞こえてくるトークを、心の耳で拾っていました。ニートで昼夜逆転していたときは、空っぽの心にそっと寄り添ってくれたのがNHKラジオ深夜便。その後世の中に立ち向かっていく勇気をくれたのが、映画評論家町山智浩さんのポッドキャストでした。

嫌なことがあったときも、生き方がわからなくなったときも、常に魂を救ってくれたのは、人の声を伝えてくれるラジオだった気がします。ほんとにほんとに多くのことを、ラジオから学びました。それが今作っている雑誌にも直接つながっています。その雑誌について、ラジオでしゃべれるなんて。ラジオからもらったものを、少しでも還元できていると嬉しい。

これからもがんばります・・。

The following two tabs change content below.

相沢 由介

1980年生まれ。 インフォーカスの取材・編集・発行を全て一人で行っています。その他、フリーのカメラマン・ライターとして、紙媒体の企画や取材、企業や個人事業の広報物・WEBサイト等の作成を行っています。

関連記事

薪割りのアルバイト

ローカルメディアの勉強会でゲストとしてトーク

取材と過去の後悔

大崎市岩出山町で取扱い

ニュースサイト『TOHOKU360』に取材記事が掲載

本の紹介